2016年 05月 22日
輝くクレマチス
d0072720_23394955.jpg

クレマチスを見に菫埜さんに行ってきました。
Tさんが「今が一番いい時だよ」と
嬉しそうにクレマチスの名前を教えてくれました。







d0072720_17551881.jpg




d0072720_22175851.jpg





d0072720_1755321.jpg





d0072720_2215314.jpg





d0072720_17555225.jpg





d0072720_22274924.jpg





d0072720_15381099.jpg





d0072720_17591948.jpg




d0072720_23401982.jpg





d0072720_1823769.jpg






























by akatensan | 2016-05-22 00:00 | 野の花・花 | Comments(12)
Commented by ichiichik at 2016-05-22 16:41
みごとなクレマチスです
それぞれに品種の名前があるのでしょうが
教えてもらっても多分覚えられなくて
皆まとめてクレマチスになることでしょう
Commented by 江雄 at 2016-05-22 18:35 x
クレマチスの花の、このような多彩でいじらしい姿にあうのは初めてです。きっとこれを育てておられる主の人柄や感性が花に伝わっていくのでしょう。この時期にも島田に行かないといけませんね。紅ちゃんが良い写真ばかり載せて下さるので、すっかり島田の住民になっています。
「クレマチス 君よ振り向け 笑みたたえ」
Commented by S.SHIN at 2016-05-22 18:45 x
ほんまにほんまにクレマチスがお好きなんだなぁ~~~
と思わせてもらえるショットの数々。。。
紅さん、お見事っす!
Commented by 木蓮 at 2016-05-22 22:23 x
1度菫埜さんに伺った事があるのですが、物語の中に入ってしまったのかと思うような素敵なお店とお庭でした。
色々な種類のクレマチス、美しいですね…夢の中のような素敵な写真をありがとうございました。
Commented by akatensan at 2016-05-23 10:04
ichiichikさん、
よくわかってらっしゃいます。
ただチャールズというのは覚えました。
ダイアナというのもありましたが
まだ咲いていませんでした。
Commented by akatensan at 2016-05-23 10:09
江雄さん、
これだけクレマチスの品種がある庭園は
そうはないかと思います。
ここの人たちは庭づくりイコール人生という
くらい花に愛情を注いでいます。
Commented by akatensan at 2016-05-23 10:13
shinさん、
花の写真は難しいですね。
精一杯頑張って撮影したのですが
花の美しさはなかなか表現できません。。。
Commented by akatensan at 2016-05-23 10:17
木蓮さん、
クレマチス・・・
とても鮮やかできれいでしたよ~!
花を見てるとなんだか気持ちがやさしく
なれるような気がしますね。
Commented by 木蓮 at 2016-05-23 12:18 x
そうですね、花やうつくしいものは見ていて慰められるような癒されるような…
気持ちがやさしくなれるような…と言うお気持ち、わかります。
昔々、美術関係の場所でお仕事をさせていただいていましたが毎日毎日作品と向き合っていると心が豊かになってゆくのを感じていました。
…紅介さんとも、何度かお会いしましたよ。
Commented by akatensan at 2016-05-24 09:59
木蓮さん、
若い頃はもっぱら花より団子でしたが
最近やっと花の良さがちょっとだけ
わかるようになってきました。

木蓮さんとはどこでお会いしたのかな。。。
Commented by chiemiconi at 2016-05-25 13:19
父が特別愛情を注いでいるクレマチス達をこんなに素敵に写真に残して頂いて、本当にどうもありがとうございます。クレマチスの季節になると、特に得意気な父、今年は里帰りせず、見れなかったけど、紅さんのお写真で見ることが出来て、とても幸せです。家族の写真もありがとうございます。とっても嬉しかったです。涙でそう…。またよろしくお願いします。楽しみにしています。
Commented by akatensan at 2016-05-25 22:30
chiemiconiさま、
コメントありがとうございます。
以前いつも工房に向かう途中の道で
目を奪われた菫埜の紫色のクレマチス・・・
その当時はいつも横目で見ながら通り過ぎていたのですが
KEITOさんと出会ったことで今では家族のみなさんとも
お話ができるようになりました。
出会いとは不思議なものですね。
Chiemiさんのこともよく聞きますよ。
いつかKEITOさんの歌を生で聴いてもらいたいと願ってます。
こちらこそよろしくお願いいたします。


<< カサゴの煮つけ      来たっ! >>