2016年 05月 30日
親父の写真

d0072720_23541556.jpg



親父が二眼レフで撮影した写真だ。
僕が子供の頃の写真が何枚か残っている。
こうして子供時代の自分を見ることができるのも
親父が数十年前のこの日シャッターを押してくれたおかげだ。





d0072720_1950588.jpg

浜松の動物園でのショット。
これは大きいプリントにしてあったので
気に入った一枚だったかもしれない。











by akatensan | 2016-05-30 00:00 | 日常 | Comments(10)
Commented by ぷぅコ at 2016-05-30 15:36 x
2歳か3歳くらいでしょうか?白シャツにチョッキ
…チョッキは方言かなぁ~?イケメンですねぇ~・
また海水浴と象の絵日記見たいです。子どもの頃
の思い出が残っているのは素敵な事だと…幸せ
は量を秤にかけてはいけませんね。
Commented by 江雄 at 2016-05-30 17:26 x
幼い頃の写真、感動ものです。いたずら好きな腕白な子どもだったのでしょうか。目がほんまに生き生きと輝いています。今も、紅ちゃんは少年時代の輝く目を保持しているような気がします。
小生の幼き頃は、父が小さな商売をし始めて、殆ど構ってくれなかったことを微かに覚えています。ましてや動物園など・・・。いいなあ!!
「少年の 目の輝き 今もなお」  
Commented by tagu at 2016-05-30 18:12 x
穢れを知らぬまだ純真な紅さん
そんな昔が私にもありました。
Commented by ichiichik at 2016-05-30 19:37
笑顔がかわいい少年時代なんですねー
その笑顔の素敵さは変わっていないと思います
Commented by 木蓮 at 2016-05-31 01:20 x
可愛らしい、人懐こい笑顔ですね~。
こんな笑顔を向けてくれて、きっと撮影されたお父様も笑顔だったんじゃないかと思います。
写真は、こうして今 目の前に「その時」を見せてくれるものなんですね。
Commented by akatensan at 2016-05-31 12:11
ぷぅコ さん、
イケメンですか?
何時からこんな顔になっちゃったんでしょうか。
子どもの頃の思い出は蚊帳にホタル・・・
貧しくも楽しい日々でした。。。
Commented by akatensan at 2016-05-31 12:19
江雄さん、
ウチの親父は気難しくて外出するのも嫌いでしたが
この時期だけは遊びに連れ出してくれたようです。
いつもケンカばかりしていた親父でしたが
この写真を見ると申し訳なく思ったりしています。
Commented by akatensan at 2016-05-31 12:26
taguさん、
taguさんは今でも穢れを知らない純真な人じゃないですか。
でも女の人にはちょっと???
Commented by akatensan at 2016-05-31 12:34
ichiichikさん、
そういえば昔も今もなんだか笑ってる写真が多いですね。
何がそんなに面白いのでしょうかね~?
Commented by akatensan at 2016-05-31 12:45
木蓮さん、
親父がこの日この時カメラのシャッターを押してなかったら
この写真はありません。
あまり関係が上手くいかなかった親父でしたが
写真にはいっぱいの愛情が溢れてますね。



<< 酒肴三品      SLの旅 >>