2008年 04月 21日
「モスラの丘」     茶畑その2 金谷
d0072720_13202432.jpg


この茶畑は牧の原台地にあります。
茶畑の大きな畝がモスラのように見えるので
ぼくはここを「モスラの丘」と呼んでいます。



d0072720_13213984.jpg

♪鳥が鳴いて~川がながれて~
とっても静かな空間・・・
この静かな環境ももうすぐ飛行機の騒音で壊れてしまいます
d0072720_1423732.jpg

むかしの人は生葉をしょってこの急勾配を登っていったんですね。

by akatensan | 2008-04-21 00:00 | 自然・風景 | Comments(14)
Commented by ムー at 2008-04-21 00:02 x
モスラの幼虫がいっぱいいますね。
ラモスもいますか?
Commented by bubu at 2008-04-21 09:44 x
抹茶味のチューブ歯磨きみたいにも見えます。
こんなに出したら叱られる~。
Commented by kume at 2008-04-21 10:43 x
モスラの丘とはなかなかのネーミングですが
モスラと言って若い人には解るかなー
ここから僕たちが毎日飲むお茶が出来て来るんですねー
本当にありがたいことです。
Commented by kiku at 2008-04-21 12:27 x
昨日は満月やったね。
これからどんどんいい季節になっていきます。

波の~せのせに~ ゆら~れ~てゆ~れ~て~  茶畑義夫 古すぎでっか!
Commented by BB山本 at 2008-04-21 18:21 x
こりゃあ、たっぷり汗がかけそうな茶畑ですねエ~~。
おとましくなっちゃうくらい、摘み甲斐がありますよ。

bubuさま、一枚目の写真、左下に見えるのが新茶です。
下に濃い色の葉っぱが見えますが、その上に出てきてます。
新茶の季節は、この新芽の茎を指に引っ掛けて丁寧に摘んで行くのです。
Commented by tagu at 2008-04-21 18:25 x
素晴らしいWAVEですね
渋いお茶が飲みたくなりました
Commented by エンドウマメ at 2008-04-21 19:12 x
上等のお茶を飲みながら・・・薯蕷饅頭を食べたいです。 マメ大福や
イチゴ大福も・・・捨てがたいなぁ。 草餅や三色団子も、いいね!
Commented by bubu at 2008-04-21 19:18 x
BB山本さま ありがとうございます。
ほお~ほお~と、パソコン用にしてる少し緩くなった老眼鏡で
見ています。
じゃ、やわらかい薄い緑の部分だけ摘むのですね。
下の濃い葉っぱとは、はっきり見分けが付くわけですね。
はあ~、指に引っ掛けて摘むのですか…。
私だと「茶おばさん」になってしまいますが、
やらせていただきたいものでございます。
Commented by 大棟梁 at 2008-04-21 20:17 x
僕もラモスかと思いました。
やっぱりご飯を食べたあとは緑茶です。
ですが、メタボを考えると黒い烏龍茶です。
Commented by S.SHIN at 2008-04-21 21:54 x
「モスラの丘」へ行けば
ザ・ピーナッツの歌声が聴けますか・・・?
本当に美しい新緑ですね。(特に二枚目)
Commented by ikko at 2008-04-22 00:44 x
今年は特にきれいなのか、ブログを始めたからきれいな茶畑が目に飛び込んでくるのか…
毎日感動の連続です。
Commented by kiku at 2008-04-22 15:09 x
チョウゲンボウじゃなく超多忙みたいやね、また昨日は美味しい酒を…
 千里鶯啼いて 緑紅に映ず 水村山郭 酒旗の風
 南朝四百八十寺 多少の楼台 煙雨の中
今週後半はまた雨とのこと。紅ちゃん、雨に煙った日は、そろり居酒屋に
入るのも風情やねえ。気心知れた店の前で傘をたたみ、暖簾をくぐるなり
いよっ!なんてね。そんなんやってそうやね。ビルの谷間じゃ味わえんよー。

♪ 見知らぬ町の古い居酒屋で ししゃも肴にひとり飲んでます
  扉あくたびちょっと風が吹き 洗いざらした暖簾めくります
  死んだあいつがいたら演歌なんか 唸りそうな夜更けです
  おひとりですかなんておやじさんに 聞かれ泪ぐむ夜更けです
                           佐良直美 「ひとり旅」
あまりヒットしなかったようだけど、詩とカントリー&ウェスタン調の曲が
好きです。この歌を思い出しながらひとりで飲んだことも度々です。
Commented at 2008-04-22 18:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ikko at 2008-04-22 22:40 x
kikuさま 杜牧ですね。「江南の春」をもってくるとは、アッパレなり!


<< 茶畑    その3 菊川      茶畑  その1 島田 初倉 >>