人気ブログランキング |
2009年 03月 24日
命懸け       加川良ライブ   「さんさ酒屋のコンサート」その3

d0072720_21201773.jpg

「一曲入魂」いやまさに「一音入魂」というべき加川良さんのライブだった。
「フーフーー ホオホオーー」
リハーサルでは時々考え込みながら何回も何回も音を入念にチェック。
音響のTさんも加川さんの要求に応えようと必死だ。
本番。あの深々と冷え込んできた「さんさ」のステージに彼はなんとTシャツ一枚で登場した。
熱唱が始まる。何回ものリハのおかげでサウンドは最高だ。
加川さんのボルテージもだんだん上がってくるのがわかる。
名曲「教訓」ではその言葉の存在感に圧倒された。
そして次第に「さんさ」独特の聴衆との一体感が生まれてくるが
このシンガーを乗せてしまう聴衆もまた素晴らしい。
ステージが終わった後、彼は最高の笑顔を見せてくれた。
まるで「生き方」まで教えてくれたような加川良さんの「命懸け」のライブだった。



d0072720_1236113.jpg


d0072720_12404523.jpg


d0072720_12502789.jpg


d0072720_121716100.jpg


d0072720_12175336.jpg


by AKATENSAN | 2009-03-24 12:02 | コンサート | Comments(5)
Commented by ichiichik at 2009-03-24 18:45
ほんとに思いの強さが伝わってくるライブでした
60過ぎてもこの熱い思いを持ち続けている
加川良さんに圧倒されました
Commented by エンドウマメ at 2009-03-24 18:56 x
写真から、熱い魂を感じます。 良さんの歌は、迫力がありますよね。
やはり「教訓Ⅰ」は、熱い血潮を感じられたでしょう。 うらやましいなぁ。
Commented by tagu at 2009-03-24 19:16 x
加川さんは、私よりひとつ年上の方です
それに比べ私はホカロンを体中に貼り付け
むっくり厚着をしていました
あー情けなや~
Commented by 大棟梁 at 2009-03-24 21:10 x
加川さんも独特でしょうが、ここの酒屋の雰囲気も独特だと思います。
それがかみ合ってみんなの感動を呼ぶのでしょう。
Commented by S.SHIN at 2009-03-25 00:20 x
加川さんにあとで聞いたんですが
本番はいつも半袖だそうです。
ギターを弾くのに長袖ではあかんそうです。
自分のスタイルを持った素晴らしいシンガーだと思いました。


<< ちょっとティータイム     ...      ビタミンK         「... >>